子供の成長に合った部屋や模様替え紹介する総合情報サイト

>

間取りについても子供の成長に合わせた新築選びに重要な要素

子どもの成長には部屋の広さも重要

子供の成長に合わせた子供部屋の役割についてはお伝えしましたが、子供部屋は広さも重要になってきます。基本的に子供部屋に必要な広さは6畳程が目安になってきます。これぐらいの間取りならばお子さんが高校生や大学生になって子供部屋をそのまま使用する場合にも使用できる広さなので、新築でお子さんの部屋について考える際にはこの広さの部屋を子供部屋として考えてみるのが良いかと思います。

広さの目安が6畳である理由としてはお子さんが成長してから必要になってくる家具も安心して配置することが出来るので、模様替えの際にも安心できる広さといえます。
また、丁度良い広さの部屋というのは広すぎる部屋よりも集中力が途切れにくく、狭すぎる部屋よりも安心できますので、お子さんの心の平穏といった部屋に最も必要な点で考えてみても6畳という広さの部屋を子供部屋にしてみることをお勧めします。

子供部屋には4畳半は失敗しやすい

子供部屋について考えた際に、4畳半の部屋を選ぶ方は多いかと思います。しかし4畳半の部屋というのは部屋のレイアウトが非常に難しく、模様替えがしにくいといった問題点が存在します。例えば最低限必要とされる家具である勉強机、本棚、ベッドだけでも4畳半の部屋では窓の関係やクローゼットなどの配置を考えてみてもすべて置くことは非常に難しいのです。

このように4畳半の広さでは部屋の模様替えがしにくく、お子さんの成長に合わせての子供部屋を用意することが出来ないといった事になってしまいます。
なのでお子さんの心の成長に伴ってのお部屋作りをするためにも、なるべく4畳半の部屋を子供部屋にするのは控え、新築の家を選ぶ際にお子さんの成長に見合う部屋にできる広さのあるお家を選ぶようにしましょう。