子供の成長に合った部屋や模様替え紹介する総合情報サイト

>

子供の成長に合わせた模様替えのポイント

幼児期の部屋の模様替えのポイント

幼児期の場合はまだ子供部屋などは必要はないかと思います。ですがまだまだ目が離せない時期なので大人の目が届くようなリビングなどに子供に合わせた家具などを置いて模様替えをするかと思います。
家具に関してのポイントとしては、まずお子さんのサイズに合ったものを選びましょう。この時期からお子さんの成長に合わせて家具を模様替えの際に調節するだけで長い期間使えるものもあるので、様々な観点から家具は選んでいきましょう。

また、お子さんの怪我をなるべく防ぐためにも模様替えの際には家具の角が丸くなっている家具を選ぶ事がお勧めです。お子さんに本を読んであげることも多いかと思いますので、本棚は必要になるかと思います。
本棚は表紙の見える絵本棚タイプを選ぶと、興味のある本を絵で選ぶことが出来ますので、主体性や集中力が育ちますので、模様替えの際にはぜひ参考にしてみてください。

児童期の子供部屋の模様替えのポイント

児童期になりますと自我が芽生え始め、自主性を育てるためにも個別の部屋が必要になってくるかと思います。そしてこの頃から子供部屋の模様替えが本格的になってくるかと思います。
模様替えをする際のレイアウトのポイントとしては、家具に関しては、窓際に配置するのがお勧めです。お子さんの自由に使用できるスペースを広く活用するためも壁際に配置しましょう。

また、ただ部屋に家具を配置するだけではなく、ドアや窓の大きさに合わせて部屋の模様替えのレイアウトが決まってしまうこともあるのですが、ある程度自由な場合は部屋に差し込んでくる採光などにも気を付けておきましょう。光の入りづらい部屋にしてしまいますと朝に太陽の光を浴びれずに健康的な目覚めにならないため、注意しましょう。
このようにお子さんの成長に合わせ、ここまで紹介したポイントを参考にして模様替えをしてみてくださいね。