子供の成長に合った部屋や模様替え紹介する総合情報サイト

>

子供の成長に合わせた新築の子供部屋作りを考える

子供部屋は成長によって役割が変わる

子供部屋と言うものはそこに住む子供にとって非常に長い時間いる部屋でもあり、成長具合によってもその子供部屋の用途や安全性に関しての必要性は変化していきます。子供部屋は自立心を育むとともに集中できる環境を与えることが大切です。なのでこの点に気を付けて子供の年齢にあった子供部屋にして行くことが大切です。

例えば子供が小学校に上がった際の子供部屋は自室で持ち物の管理や整理整頓を覚えさせることにより、自立心や物を管理することの大切さを自然と覚えるといった役割を持つことになります。
そして中高生にもなれば友達を家に呼んだり、自分自身について一人で考えるための場所としての機能を持つことになります。自分にとって基盤ともいえる場所があるだけでも悩みの多い中高生時代を乗り切ることもできるのです。
このように子供の年齢によって子供部屋の役割は変わり、心の発達に重要な役割を果たす場所ともいえるのです。

模様替えをするタイミングは成長に合わせる

子供部屋の環境はお子さんの心の成長に重要な役割を持つため、子どもの成長に合った空間にしていく事が大切です。
例えば小学校に入学する年齢になると勉強机を買ってあげるなど初めての模様替えをする時期かと思います。ですがまだ小学校低学年の頃ですと母親と一緒に勉強をすることも多いかと思いますので、子供部屋に必ずしも必要なわけではなく、家族全員の集まる部屋に勉強のための場所を設けるなどでも良いかと思います。
また、兄弟で1つの子供部屋を共有するといった形でも協調性が育まれるなど、良い点も多くあります。

思春期になりますとプライベートな空間を欲しくなる年ごろですので、この頃に子供部屋を個室にしても良いかもしれません。個室を与える時期については両親の教育方針でも変わってきますので、個室を与える際などの模様替えのタイミングについてはよく考え、子供の成長を見守るつもりで決めていきましょう。